めふぃブログ

読書で”今”は変えられる

【書評】戦略読書(一部ネタバレあり)

 

f:id:shinsuke0724:20210311235925j:plain

※独断と偏見で記事を書いています。
 感じ方は人によって違うことを
 ご承知おきください。
 
どうも、めふぃです!
 
やっときました。。。泣
 
僕の読書の常識を変えてくれた
本の紹介をする日が・・・
 
そうです。
今回ご紹介します1冊は三谷宏治さん著
 
【戦略読書】
 
先に言っておきます。
今すぐ買って読みましょう。
 
いきなり!?って思うかもしれませ
んが、この本はボリュームがあって
読むのに時間がかかる分
読書の奥深さがわかる最高の1冊です。
(539ページあります)
 
まだ熟読できてませんが
熟読にふさわしい本です!
 
前置きはこの辺にして
さっそく内容に移りますね。
 
【目次】

著者のプロフィール

 ・1964年大阪生まれ

 

 ・無類の本好きで知られる
  →活字が好きすぎてアジシオ
   の成分表まで読んじゃう人
 
 ・KIT虎ノ門大学院教授
  →金沢工業大学が2004年に
   社会人向けに開設した大学院
 
 ・①BCG(ボストン・コンサルティング・グループ)
  →グローバルな戦略系コンサルティングファーム
  ②アクセンチュア
  →世界最大級のコンサルティングファーム
  ①②で合計19年半勤めていた。
 
 ・戦略読書以外の著書
  →経営戦略全史(ビジネス書賞2冠)
   ビジネスモデル全史
   新しい経営学
   お手伝い至上主義
   戦略子育てなど
 

本書の構成

 序章:戦略読書のススメ
 第1章:読書ポートフォリオ・シフト
 第2章:セグメント別ワリキリ読書
 第3章:発見型読書法
 第4章:知のオープン化
 終章:知と行のサイクル
 
 僕個人的には1章は絶対に熟読すべき
 内容です!
 
 しかも、付録にセグメント
 別ブックガイドが付いていて
 519冊もの本の紹介がありますよ!
 一冊の本から519冊という莫大な量の
 本を知ることができ
 一部は内容も書いていますよ。
 
 

僕が『戦略読書』を買った理由

 読んだのは少し前になりますが
 本を読むようになってから
 読んではいるけど頭に入らな
 かったり、血肉にできていない
 感じた時期があったんです。
 それで効率良く本が読める方法は
 ないかと本屋にいったらタイトルに
 一目ぼれして買いました。
「あらすじ」から結構面白いんですよ。
 著者の三谷さんは活字の変態ですから・・・
 けど、こういう話のもって行き方も著者自身が
 戦略読書を実践したからこそだと感じました。
 

読後の変化

『読書への姿勢』が一番変わりました。
 効率も大事ですが、
 自分の専門分野を極めたり
 知恵を磨く為に専門分野とは
 全く関係のない本を
 読んでみたりと読む本の幅が
 大きく広がりました。
 また、専門分野での学び方も理解でき
 意欲が湧いてきました。
 

どんな方に読んで欲しいか?

 大学生に読んで欲しい一冊です。
 社会人になるまでの間に
 準備すべき内容が書いてあったり、
 どういう読み方がいいのか
 といった
 「読書の案内人的存在」になってくれます。
 本書で紹介する読み方を
 実践すればその道のプロに
 絶対になれると確信してます。
 ※僕はですよ。
 
 社会人の方でも全然OKです。
 けど、僕が感じのは
 社会人の場合は本を読むスピードを
 上げていく必要があると感じました。
 すでに今就いている仕事の
 専門性を上げるにプラスして
 アレンジを利かすために
 興味のないジャンルを敢えて
 読むなどゆっくり読む時間が
 もったいないからです!
 

ひとつだけピックアップするなら・・・

 正直すごく悩みました。
 めちゃめちゃ深い内容が多い
 ので敢えて選ぶとしたら
 『人(の精神)は読むものからできている』
 という言葉です。
 小説が好きだから小説ばかり読む、
 ビジネス書や自己啓発が好きだから
 同じジャンルばかり読む・・・
 そうするとどうなるか?
 答えは簡単です。
 知識の偏りが生じるんです。
 つまり、模範解答はできるが
 アレンジを利かすことは
 できないんです。
 そこで登場するのが、
 本書で徹底解説されている読み方です。
 記事を読んでくれるのは感謝してますが、
 自己投資だと思って
 思い切って買って読んでみてください!
    
 

まとめ

f:id:shinsuke0724:20200916224053j:plain

 いかがでしたでしょうか?
 
 『戦略読書』は数ある
 読書法の中でも群を抜いて
 深い内容が書かれていると
 感じました。
 
 最後に厳しいことを1つ言いますが
 
 「本は書評やレビューがあるから
  最後まで読まなくていいや」
 
 という考えが、もしあるのであれば
 今日限りで捨てましょう!
 
 その理由は、
 お金をかけて本を買うことで
 思い入れが違いますし、
 しっかり読もうという
 気にさせてくれるんです。
 
 書評やレビューでも
 素晴らし内容はもちろんありますが、
 受け身の読み方になってしまうんです。
 ※受け身とは、ただ読むだけで
  深く理解しようとしていない。
 
 せっかく素晴らしい内容を
 読んでもすぐに忘れてしまったり、
 ざっくりした内容しか把握
 できなかったりと
 せっかくの時間が無駄になります。
 
 だったら買って自分の血肉にしましょうよ!
 
 僕もお手伝いできることはしますよ。
 ※アウトプットの相手になったり、
  読書の進捗具合を聞いたりetc
 
 最後までお読みいただき
 ありがとうございました。
 
 では、また!

 

戦略読書 〔増補版〕 (日経ビジネス人文庫)

戦略読書 〔増補版〕 (日経ビジネス人文庫)

  • 作者:三谷 宏治
  • 発売日: 2020/06/02
  • メディア: 文庫
 

 

戦略読書 無料お試し版

戦略読書 無料お試し版

  • 作者:三谷 宏治
  • 発売日: 2015/12/21
  • メディア: Kindle版