めふぃブログ

読書で”今”は変えられる

【書評】星の王子さま(一部ネタバレあり)

f:id:shinsuke0724:20210310165201j:image

 

どうも、めふぃです!

 

今回書評する本は

誰もが聞いたことがある本ですが

意外と内容を知らない本でもある一冊。

 

【星の王子さま】

 

ちなみに、僕が今回読んだ出版社は

新潮文庫の河野万里子(訳)ですが

他にも次のような出版社が出しています。

 

・角川文庫

・集英社文庫

・講談社青い鳥文庫

・岩波文庫

・新潮文庫 ← 僕が読んだ本

 

どれがおすすめ?と言われると

全部を読んでいませんので

わかりません。

 

しかし、僕が読んだ新潮文庫は

読みやすかったですよ。

 

星の王子さま (新潮文庫)

星の王子さま (新潮文庫)

 

 

内容に移る前に一点お伝えしたいことが

ありまして、星の王子さまのストーリーは

著者であるサン=テグジュペリの体験談を

基に構成されているということです。

(出てくるのは、王子様以外にバラやキツネ、

ヘビ、パイロットなど)

 

訳者のあとがきに書いていました。

 

このことを知っているか知らないかで

本への向かい方が変わると思ったので

どうしても伝えたかったです!

 

では、内容に移りましょう。

 

【目次】

 

プロフィール

生涯:1,900年〜1,944年

名門貴族の子弟としてフランス・リヨン

に生まれる。

パイロットになるまでに、タイル会社や

トラックを売る営業マンだった。

代表作は本書『星の王子さま』ですが

他にも「南方郵便機、夜行飛行、人間の土地、

戦う操縦士」を出している。

世には出ていないが「城砦(じょうさい)」

という作品もあったようです。

ちなみに、『星の王子さま』は

クリスマスのために子供に向けた話を

書いて欲しいという要望があり

書き始めたようです。

 

僕が『星の王子さま』を選んだ理由

たまたま、仕事の中で

『星の王子さま』の話になり

話せなかった苦い記憶があったからです。

その方の本の紹介が上手でその日の

仕事帰りに本屋に行き即買いしました。

 

読後の行動

今以上に家族を大事にしようという

意識が芽生えました。

 

後半に出てくる名言中の名言である

 

「いちばんたいせつなことは、目に見えない」

 

というキツネのセリフがあるんです。

 

何を意味するかというと

今に至る過程こそが今のあなたの

大切な存在を特別な存在にしている

ということです。

 

ちょっとわかりにくくて申し訳ありませんが

例えば、今あなたにとって特別な存在が

いるとします。

その特別な存在の人がなぜ特別な存在に

なったかというと、出会った当時はお互い

何も意識していなくても、会う回数を

増やしたり、プレゼントを渡したり、

一緒に旅行をしたりという【過程】がある

から今特別な存在になっているという

ことです。

 

つまり、今の僕にとって特別な存在は

【家族】なんです。

妻との何気ない日常、息子たちとの

コミュニケーション、家族での遠出

など、今まで深く考えてこなかったから

こそ心に刺さりました。

 

是非、この記事を読んでくださった方は

星の王子さまを手に取って最後まで読んで

みてください!

 

そして、あなたにとっての『たいせつなこと』

ともう一度向き合ってみてください。

 

どんな方に読んで欲しいか?

ここは僕の独断と偏見ですが

次のような方々です。

 

・『星の王子さま』の内容を知らない人

・家族を持っている人

・毎日がつまらない人

 

特に、『家族を持っている人』には

是非とも読んで欲しいです。

 

そして、家族みんなに読んでもらって

意見交換をしてみると更に深く学べる

と思います!

 

ひとつだけピックアップするなら…

※ネタバレ含みます。

 

ここでもまたキツネとの話の中で

出てくるセリフですが

 

「“なつく“ってどういうこと?」

「それはね、『絆を結ぶ』ということだよ」

 

ここから数ページが僕の大好きな

ところなんですが、なぜここをピックアップ

したかというと、僕の解釈も悪いですが

“なつく“という言葉を人に使うことがなく

動物に使っている場面が多かったんです。

 

つまり、見下してる状態でした。

 

けど、このセリフを読んだ時に

胸が痛くなりました。(これガチです。)

 

今まで損して生きてきたって…

 

動物も人間も平等に見るべきだし

かける言葉も平等にするべきだった。

 

実は、最近亡くなりましたが家族に犬が

いたんです。

僕が仕事で帰ってきて散歩に行ったり

してましたが、疲れているときの散歩が

ほんと適当で、犬からしてみたら楽しみな

時間っていうのは理解してましたが

犬は犬って考えでした。

 

ほんとごめん。。。

 

後悔しても遅いですが

今後同じ過ちを犯さないように

生きていきます!

 

まとめ

f:id:shinsuke0724:20200916224053j:plain

いかがでしたでしょうか?

 

最後は僕の感情が入り込んでしまいました

が、この『星の王子さま』はそれくらい

考えさせてくれる本なんです。

 

読まないで一生を終えるのはもったいない

と本気で感じるので、この記事を読んでくれた

方は是非是非読んでみてください!

星の王子さま (新潮文庫)

星の王子さま (新潮文庫)

 

 

本自体のボリュームは少なめなので

全集中すれば2時間以内で読めると

思います。(多少解釈は難しいですが)

 

それと、YouTubeで対談動画も撮ったので

いつかアップします。

 

乞うご期待!

 

最後まで僕の熱い語りについてきてくれて

ありがとうございます。

 

では、また。

 

追伸

YouTubeは最近友人と始めた

ばかりなんです。

 

編集とかでなんだかんだ時間が

かかるとおもわれます。

 

チャンネルの方向性は

一冊の本の対談なのでこの本で是非!

というものがあればコメントください。