『読書』こそ人生を変える道しるべ

~僕があなたの世界観を変えてみせます~

【これは読むべき一冊!】あの世って信じますか?

どうも。メフィストです!

 

今回は本のご紹介です!

 

読んだ本は安斎かなえ著のこちら。

【あの世の社会科見学】

 

感想を一言でまとめると

『面白いし奥が深い!読む価値有り。』

 

実は、僕が買った本ではなく

妻がLineニュースでたまたま見かけて

即買いしたみたいです。

 

普段感想系を言ってこない妻が

これは面白い!と僕に感想を熱弁して

きたのでじゃ~読むわ~って言って

読んでみたらどっこい。。。

 

【めちゃ面白いんです。】

 

ちなみにAmazonでベストセラーで

一位になっているし納得!

 

ただ書店には置いていなくネット上

でしか買えないのは残念。

すぐに読みたくても一日ほどのタイム

ラグは出てしまいますが・・・

 

ではさっそく内容に移りますね!

※一冊の中から僕が特に興味を持った4テーマを

 ご紹介します。

 

f:id:shinsuke0724:20200914182838j:plain

 

【目次】

 

著者のプロフィール

著者:安斎かなえ

出身:福島県

生年月日:1971年2月14日(49歳)

趣味:仕事中のBGMは主に会談話

   を聞くという・・・無類の

   ホラー好き。

著書:通院するたびに寿命を削られてます

   ニャ生の王国

   あの世の社会科見学 等

 

1限:あの世の基礎知識

死後の世界にも社会があるのは

ご存じでしょうか?

今我々が生きている現世では

貨幣が存在し労働をすることでお金を

手に入れて物を買いますよね?(資本主義)

実は、あの世に行くと物欲が無くなる

んですよ。

我々は産まれてきた時は物欲はありません

でしたよね?(赤ちゃんだし)

つまり物欲というものは生きていく中で

出てくる『欲』なんです。

あの世に行くと何が起きるのかというと

資本主義が無くなりお金の概念が無くなり

欲しいものがあれば

『すぐ目の前に現れ』

行きたい場所があれば

『すぐに行くことができる』

理想の生活を送れるユートピアなんです!

※ただし条件はありますよ。

 

 

2限:2パターンの霊が存在する

ここでは霊について少し深掘り

していきます。

①成仏している霊

②成仏していない霊

 

①成仏している霊は

→自分が死んだということを理解

 しておりあの世へ行けている霊。

 

②成仏していない霊は

→自分が死んだということを理解

 ”しておらず”現世に残っている霊。

 

気をつけるポイントは現世に残って

いる例をあの世へ導いてあげる必要

があるということ。

 

そこは霊能力者へ依頼して導いてあげ

ましょう。

 

自殺をした人で写真に写ったりするこ

とがあるのは死んだということを理解

しておらずその状態でその場所に残って

いるからなんですよ。

 

3限:死神について

f:id:shinsuke0724:20200915232417j:plain

 

死神ってこんなイメージですよね?

 

実はこのイメージは人間が作り出した

幻想であって本当は『あの世への案内人』

なんです。

 

では、どんな形をしているのかというと

普通の人間の形をしています。

子供かもしれないし、ナースかもしれな

いし、サラリーマンの格好をしている

かもしれない・・・

 

病院で子供の霊を見ると言いますが

もしかしたらその子供は

『あの世への案内人』なのかもしれ

ませんね。

 

4限:霊能力者同士の交流会

個人的にここが結構好きです。

たまに霊能力者同士で交流会をする

みたいなんですけど、実は霊能力者

は自分を視ることはできないような

んです。じゃーどうするか?

他の霊能力者に視てもらうようです。

 

しかも、霊能力者を一括りにしないほ

うがよく得意なジャンル、不得意なジ

ャンルがあるようです!

 

これは初知りですよね~。

 

ちなみに霊能力者の交流会には霊が

集まってくるみたいでヤジを入れて

くるみたいです。。。

 

5限:終わりに

いかがでしたでしょうか?

 

まだまだ深い内容が書いています

がすべてを伝えきれないのが残念

です。

 

他にも、事故物件での物音について

や転生、守護霊や神様の存在等たく

さんの情報が詰まってる一冊になり

ますので是非ご興味があればご購入

してみてください。

 

漫画なので非常に読みやすくこれを

知るだけでも死に対しての常識は

変わりますよね。

 

実際に霊を見ると怖いと思いますが

知識として知っていると見方も変わ

るかもしれません。

 

最後までみてくださりありがとう

ございました!

 

ではまた。