めふぃブログ

読書で”今”は変えられる

【契約時編】不動産を買う時ってどんな費用がかかるの?

 f:id:shinsuke0724:20200601223842j:image

 

どうも、メフィストです。

 

www.mephisto0514.info

 

 

コロナウイルスの脅威がまだ無くなり

ませんがその中でも不動産市場は少し

ずつですが回復してきました。

 

今日の記事では

【家を買いたい人が抑えておくべき

お金の勉強】をしていくね!

 

 

↓ こんな方がおすすめ ↓

  • 不動産購入時のお金の事情が知りたい
  • 近々家を買いたい
  • 今すぐではないけどいずれは買いたい

 

また、『知識』として知っていて損することは

ありませんので是非最後まで見てください!

 

 

【目次】

 

1限目:不動産のお金の流れを知ろう!

まずは以前の記事で不動産を買う理由

を簡単にまとめてみましたが、その中

でも少々お金には触れているんですね。

 

www.mephisto0514.info

 

けど、細かな内容については触れて

いないのでまずは家を買う時にかか

るお金の流れを知りましょう!

 

実際にお金がかかるタイミングとい

のは2回に分かれるんですね。

【契約時】と【決済(引越し)時】

※新築一戸建(建売)、中古マンション、中古

 一戸建、土地に限ります。

 

今回は【契約時】にかかる費用を取り

上げていきます。

 

 

2限目:契約の時にかかる費用

f:id:shinsuke0724:20200602000506j:image

 

1.手付金(売買代金の5~10%)

 →基本的には5~10%が多いです。

  しかし、どうしても金銭的に厳しい

  という場合はあります。その時は

  相談してみてください。

  例:購入不動産が3,000万円の場合

    150万円~300万円

 

【理解ポイント】

大金になりますが売買代金の一部になり

ますのでご安心ください。

例にあるように3,000万円の不動産を購入

し300万円の手付金を支払った場合は

【3,000万円-300万円=2,700万円】

つまり、2,700万円が残代金になります。

 

2.売買契約書の印紙代

 →不動産購入額によって変動します。

  例:3,000万円の不動産 → 1万円

    6,000万円の不動産 → 3万円

  ※軽減税率の適用があります。

   令和4年3月31日までです。

 

【理解ポイント】

軽減税率の適用が無くなった場合。

3,000万円の不動産 → 2万円

6,000万円の不動産 → 6万円

  

 

3.仲介手数料の半金

 →不動産購入額によって変動しますが

  宅建業法上で報酬額は決まっております。

  【不動産購入額×3%+6万円(税別)】

  これだけは最低頭に入れておきましょう!

  例:3,000万円の不動産を購入

    30,000,000円×0.03%+60,000円=960,000円

    960,000円×(1+0.1)=1,056,000円(税込)

    1,056,000円÷2=528,000円

 

【理解ポイント】

仲介手数料は、金額だけを見ると高額です。

しかし、宅建業法で決まっていますので決して

法外な価格ではありません。

 

 

4.契約時の総費用

 ※3,000万円の不動産購入の場合

 →3,000,000円+10,000円+528,000=3,538,000円

 

【理解ポイント】

決済時には、諸経費で支払った金銭について

は差し引いた価格をお支払いします。

諸経費のイメージとしては、不動産購入額の

5~8%ほどと言われています。

つまり、3,000万円の不動産の場合は

【150万円~240万円】が不動産購入額に加算

されます。

3,000万円+240万円=3,240万円

3,240万円が総額になる”イメージ”です。

 

5.おまけ

最近では諸費用も含めた金額を住宅ローン

で貸してくれる銀行が増えてきました。

契約時に出費として現金が出ても融資実行の

時にはお金が返ってくる”イメージ”です。

 

【理解ポイント】

大金を払ったら生活が厳しくなるという

認識を持っていると思いますが融資実行の

際には諸経費分も出ると想定すれば出費で

出た分は戻ってきます。

 

 

3限目:まとめ

f:id:shinsuke0724:20200916224053j:plain

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

賃貸で引越しをお考えの場合にかかる

費用とは金額が全然違うのはわかります

よね。

 

だからこそ、家を探し出す前からどれ

くらい費用がかかるのかを事前に把握

しておくことをおすすめします!

 

ちなみに記事については【契約時と

決済時】一回でまとめてもよかった

のですがお金の話って一気に頭に入

れるのも大変ですよね。

 

しかも、一記事でまとめてしまうと

僕たちであれば区別は付きますが

初めて見る人からすればごちゃごちゃに

なってしまうので敢えて分けました。

 

パート②で【決済(引越し)時】に

かかる費用を詳しくご説明したいと

思いますので今回の内容はしっかりと

頭に入れておいてくださいね!

 

追伸

僕のブログでは『読書法』に特化した

記事を中心にUPしています!

『読書法』以外にも書評や本に書いて

あるテクニックを使ったレビューも

書いていますので何かしらの形で

【あなたの力】になれるはずです。

是非『読者』になってみてください!

 

 

 

これから不動産業者に勤務する方は

こちらの本がおすすめです!

僕も常に鞄に入れてます(^^)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

知りたいことが全部わかる!不動産の教科書 [ 池田浩一 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/6/2時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

不動産の基本を学ぶ 2時間で丸わかり [ 畑中学 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/6/2時点)